酔った後の週末
酔った後の週末
成人向完結
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
酔った後の週末 第1章 1章 酔ってから
記憶は 途切れ途切れで
タクシーに 乗り 車の中でも
降りて 外灯の通りを 歩くときも
私は 彼の 胸に身体をあずけ フラフラと
少しでも 触れられていたかったから
腰に廻されたり 腕を絡めた 彼の手が
時折 からかうように 胸やお尻を 這いまわすのも
拒否するどころか 求めてさえいたから

彼の 部屋に入った 瞬間から
私は 全身で 彼の欲望を 求めて
素裸を 晒す メスなのだけれど

**
私は ベッドの上に 返されて
うつ伏せに 寝かされる
彼は 服も脱がずに 腰から下を 晒しただけで
このまま 全裸の私を後ろから 犯すつもりかしら って
急いた気持ちのままの 陵辱も それもいいわ って 思ったけど
私は 背後に お尻を 自分で突き上げようとさえしたのに

さあ きて きてよ…

彼は 私の両腕を 背中に 廻して
ひとまとめに 両手首を 紐で 縛り始める
身体に ほとんど 力の入らない 私は無抵抗

なにを するの…
恐怖で 少し 酔いが醒めそうになる

あっけにとられて しゃべれなかったけど
タオルで 猿轡をされて 叫びも奪う
両足首にも 縄が掛けられると
両手と両足の縄をつなげられて ひとまとめに
私は うつ伏せに縛られて 動けなくなる

上から 掛け布団を 被せられ 視界は真っ暗に
そのまま ぬくぬくとした布団に挟まれて
素裸で 縛られた虜囚と なって放置され

サディストなのかしら?
燃えついた 欲望も 醒めてはいなかったけど
いつしか 酔いが 廻って 意識は 睡魔にまかれる

4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ