酔った後の週末
酔った後の週末
成人向完結
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:コピーライター 舞

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
酔った後の週末 第1章 1章 酔ってから
記憶が だんだん あやふやになるのは
その後 もう一軒 少し落ち着いた和食の店に入って
いつも 意見が分かれる 中年の管理職の男と
その 挑発的な 言葉に 反応して
つい 論争のようになってしまい
まあまあと 脇の席に 移されて
また 日本酒を どんどん 勧められるままに

いつもの どうでもいいような 論争 だったんだけど

それから どうなって 経過は 記憶にない
たぶん 最後の カウンターバーでは
私は ほとんど 泥酔状態で 
なぜか 彼と 二人で 残されていて

彼の行き付けなのか 暗くて静かなバーで
私は 彼にしなだれかかって 愚痴りながら
しだいに 酔いが 全身を 麻痺させていくのを感じる
そのとき 並んで座るカウンターの下で
彼が 悪戯を 始める
眼の前に バーテンダーが いて

スカートを 捲って 内腿を 撫でられて
ストッキングが ざらついて

私は 受け入れるように 脚を 開いてしまう
彼のほうに 寄りかかり 腕を絡めると
彼の 肘が 乳首を つついて
それだけで 溜息を あげてしまう

強い カクテルを 呑まされているのは 知ってた

3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ