実践!死なない程度の社長術
実践!死なない程度の社長術

発行者:踊る仮面の税理士
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/02/18
最終更新日:2017/01/21 17:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実践!死なない程度の社長術 第25章 独立し、継続するには何が必要か?


 私も、初老に入った。

 税理士としての顧問先だけでなく、独立希望者や借金にあえぐ経営者の相談に乗ってきた。

私自身も人生プレイヤーとして人並みの苦しみ(家庭・死別・金銭面)を味わってきたわけです。

 多くの経営者を見てきた。


  つまるところ、経営者にとって一番大事なことは何なのか? 


 ノウハウか?巷にあふれる情報商材を買えばやっていけるのか? 違う。

 

 人脈か?どこへでも名刺交換すればよいのか?違う。

 

 親が資産家ならどうだ? これも違う。


  経営者が失敗する最大の原因は、ノルアドレナリンの過剰漏出によることはわかっている。

具体的にはスタッフを怒鳴り散らすなど。また、それは劇薬だから身体にもよくない。


そうなる原因もわかっている。

 

 余裕の無さだ。『追い詰められている』状態。

それでは、どういうときに追い詰められるのか?


 忙しい時、緊張状態が続く時、お金がない時、疲れた時。

 恥をかいた時、失望した時、不安・孤独・悲しみが強い時。

 

 こういう時、私たちは納得の行く判断ができない。大病する。


 中小の経営者は、多くの場合 営業マンや工員を兼ねている。

 プロレスラーや野球のトップを考えればわかりやすいだろう。

 

 実際の一選手としての仕事だけではなく、お金の問題、部下の問題、・・毎日毎日決断を

要求される。忙しいのだ、ストレスも大きい。


 ここで悪魔が囁く。


   『お前はもっとできる。事業を拡大せよ。もっと店を増やせ。彼女も増やせ。』 と。

  

  一店舗で例えば、歯科医院を開業し当たった。 ⇒ 二店舗目・三店舗目 借金して スタッフを雇う・・・


  家賃・借金返済・(ということは)税金も多くなる。 セクハラ事件、患者とのトラブル、金の使い込み、同時退職など

  ますます忙しく、てんやわんや。


   イライラして奥さんを怒鳴る・・奥さんもお嬢さん育ちで・・・


   経営そのものは難しいものではないと思う。

   資金繰り・営業・ちゃんとした仕事・節約さえできれば大丈夫なのだが・・・


   浪費や人的トラブルで事業はストップする。

 

 売上が大きくなることと成功は違う。


 成功と幸福も違う。


再掲

 忙しい時、緊張状態が続く時、お金がない時、疲れた時。

 恥をかいた時、失望した時、不安・孤独・悲しみが強い時。


 忙しくしない。量的向上心を持たない。資金繰りを毎日見る。

 しっかり休む。メンタル・フィジカルに余裕を持つ。少し先のことも考える。 


 相続税の心配をする前に、きちんと休み・栄養を取り・ぐっすり休んで。

 

  最近、若き成功者が多忙とストレスで急逝する報に接する。早く死ぬことが悪いとは思わないが

 還暦を経て思うこともあるはずだ。


  ポジティブで行動的であれと言われる。

  確かに成功者は苦難を物ともせず楽観的思考で過労するほど働く。 


  頑張ることは尊い。 


  だが、積極的に休むのだ。


  出口戦略のない拡大路線は、あなたの事業を危機に誘う可能性が高い。 


  幸せは疲労や不自由とは相容れない。


  休もう。 


  それがあなたのビジネスを継続させる。

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 








50
最初 前へ 45464748495051 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ