実践!死なない程度の社長術
実践!死なない程度の社長術

発行者:踊る仮面の税理士
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/02/18
最終更新日:2016/10/21 11:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実践!死なない程度の社長術 第3章 社長がやってはいけないこと
やってはいけないこと 浪費  実践!死なない程度の社長術

あなたの資源は有限である。

ならば「やってはいけないこと」と「やらねばならないこと」を決めねばならない。

【やってはいけないこと】

 バットを変えないイチロー

 バットを替え続けるゴジラ

あなたが才能も努力も平凡な人なら、なにを諦めるか決めておこう。

人間は本能・気持ちよさで決断・行動している。仕方ない。

だが、それにより自分や家族を苦しめる結果になるなら・・・

 諦めることを一応、決めておこう。

 つまり、先人の失敗の原因になったことだ。あなたが同じ過ちを冒す必要はない。

 ◯ 二万円以上の時計を買わない
 ◯ 150万円以上の車を買わない
 ◯ マンションは買わない
 ◯ 5万円以上の服は買わない
 ◯ パチンコは2千円以上やらない
 ◯ 飲み屋さんのハシゴはしない
 ◯ 女に月3万円以上貢がない

「いや、僕はいい車に乗ってドンペリ飲んでいい女を抱きたいから社長やってるんだよね」

そういう人もいる。カッコイイ!

だが、ここでは才能も運も平凡な零細社長を想定している。だから諦めて欲しい。


 こういうことが、失敗の大きな原因になっている事実があるのだ。

「部下に夢を見せるため」200万円の時計をしていた社長(破産)

「ステータス」カイエンを乗り回した歯医者さん(流浪)

「自分へのご褒美」美女に6,000万円貢いで男がいた(失踪の上死亡)
 
事業をしていると、売上金や借金が社長の目の前にある。

仕入れや経費・返済をせねばならぬのに自由になるものだから『俺の小遣い』になってしまう。

売上△仕入れ△経費△返済△税金△生活費・学費・・・これを計算し、その残りで

贅沢するならいいのだけれど。

そういう人は、居ない。

わかって欲しいのは、マンションは買ってはいけないというのではない。

あなたが、経営者で破綻のリスクを下げたいなら買わないほうが良いのだ。

多くの社長は借金で贅沢している。


5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ