実践!死なない程度の社長術
実践!死なない程度の社長術

発行者:踊る仮面の税理士
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/02/18
最終更新日:2016/10/21 11:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実践!死なない程度の社長術 第23章 支払うお金がない

一番悪いのは連絡をしないことだ。

 

当てにした入金が無くなり、連絡もつかないとなれば

 

相手だって、焦るし苛々するしあなたを恨むだろう。二度と付きあってくれなくなるかも知れぬ。

 

私は、読者の皆様に言いたい。

 

お金を払えないからって絶望したり、変なところから借金しないで欲しい。

 

「大事なことは残りの40万をいつ、どのようにして払うのか?また、なぜ、その日に払えるのか・・・を説明することだ。」

 

これがデキるだけの胆力を付けて欲しい。いい意味での鈍感力だ。

 

起業したばかりの若い経営者は、お金が払えないことに大げさに捉えすぎる。

 

だから、誤った行動をしてしまうのだ。

 

  電気代が止められそう?待ってもらおう。

 

  税金が払えない?相談に行こう。

 

  給料が払えない?詫びて利息を約束しよう。

 

 

 ただし、税金関係は比較的早くあなたの得意先に連絡が行く。

 

これは恥ずかしく、取引停止の理由になり得るので避けたい。

 

(お客さんも少々減ってもへこたれるな)

 

そうされないように、相談に行くことだ。

 

税金なども10回払なら、思いの外簡単に許してくれる。

 

5若いことは良いことばかりではない

 

経営の本質は経験しなければ学べないのだ。そして経験が少ない(人生経験で補うこともできない)ために、必要以上に神経質に・ヒステリックになりがちだ。

 

6焦って高額な広告を打たないように。

 

実に多くの人がこれをやって自分の首を締めている。

資金の苦しい時は焦らず、コストを掛けずに借りよう。

48
最初 前へ 44454647484950 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ