実践!死なない程度の社長術
実践!死なない程度の社長術

発行者:踊る仮面の税理士
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/02/18
最終更新日:2016/10/21 11:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実践!死なない程度の社長術 第2章 続 行動力の罠からの
行動力の罠 その2

【あなたが良くない言動をしてしまうとき】

『行動力』は、元来歓迎すべきものではあるが ある条件下では 致命的なことになる。

とくに、『キレる』状態での言動はまずい。

 どんな時に、そうなりやすいのか?

ズバリ、『追い詰められたとき』なのだ。

具体的には・・・

 体調が悪いとき

 過労・睡眠不足

 後一時間で、100万円必要なとき

 心配事があるとき
 
 彼女に振られたとき

 子どもと連絡が取れないとき

 得意先が激怒しているとき

 締め切りが近いとき
 
 お腹が空いているとき


理想を言えば『余裕を持って』ということになるが、つらい現実はいつも突然やって来る。

 常在戦場・・・そう割り切って戦いの中にもリラックスを。
 
 やることリストを作る

 何よりもスケジュールをつめ込まない

 積極的に休む


サラリーマンも楽ではない

だが経営者には、さらに重く苦い濃密なご苦労があるもの。

精神的・肉体的に少しでも余裕を持ちたい。

サラリーマンに比べて、行動の自由はあるはずだ。

疲れないこと。それを念頭に置くべきだ。

これは身体の『抵抗力』をキープすることに役立つ。

無理して頑張る。根を詰める。燃え尽きるまでやる。←こんなことはいけない。

 仕事も、余力を残して終えよう。


3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ