実践!死なない程度の社長術
実践!死なない程度の社長術

発行者:踊る仮面の税理士
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/02/18
最終更新日:2016/10/21 11:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実践!死なない程度の社長術 第5章 あなたはお金を何に使っているか?
【書き出してみてわかること】
ある人の浪費



 10分歩けば健康と節約に良いのに・・・タクシー 1650円
 お客さんとのアポ時間調整に喫茶店 350円
 忙しいものだからコンビニでおにぎり・お茶で400円
 酔うと気が大きくなってはしご酒・・終いにはラーメン・・タクシーでご帰還
 血圧が上がって薬代 毎月5000円
 マージャンも早めに切り上げるが1万8,000円
 忙しいものだからと通りすがりの銀行からの振込料856円

その人は、こういうのを記録してみた。

まあ、びっくりしたようだ。

だって、昼ランチより銀行振込料の方が高いんだもの

地下鉄まで10分。歩くようにした。
お酒を減らした。
マージャンも安い店に替えた。
スーパーに出かけるようになった。

あなたもびっくりして欲しい。

面倒くさがりなのが自分にバレた。
便利なことにお金を払っていたのだ。

まあ、他人のことは放っておこう。

あなたは、どうだろうか?

ご自分が思っているよりも、どうでもいいことに浪費していないだろうか?

ストレス発散・気分転換・趣味もいい。

でも、もしあなたが資金繰りを改善し経営を安定させたいなら

浪費はコントロールすべきだ。

ただし、全てをやめてしまうのは逆効果だろう。

コツは、少しだけやめることから始めることだ。

⇒毎日飲むなら一日おきにするとか。

贅沢できる時に、そうすれば良い。

ただ、現実には必要なお金まで自分の小遣いと勘違いする社長は多い。

癒やしやストレス解消のために、ある程度のお金を使うのは仕方がない。

だが、単なる習慣や見栄のために使うお金を徐々に減らしていこう。

ここは日本だ。いくらでも誘惑はある。きりがない。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ