石ころサインがダイヤの原石に変わる
石ころサインがダイヤの原石に変わる
アフィリエイトOK
発行者:trueofx
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2015/02/16
最終更新日:2016/10/17 23:22

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
石ころサインがダイヤの原石に変わる 第4章 第1回東京競馬6日目の11R第45回「共同通信杯」の石ころサイン
やはりサインの中身に早く触れたいと思う方も多いと思いますので、簡単な解説に止めた事例を紹介しておきます。

皆さんの記憶の新しいところで先日の2月15日の第1回東京競馬6日目の11R「共同通信杯」を「石ころサイン」から振り返ってみます。

12頭立のレースで1着1番リアルスティール、2着8番ドゥラメンテ、3着10番アンビシャス、4着5番ミュゼエイリアンの結果でした。

この11Rを指定する一つの「石ころサイン」として、前Rである10R「雲雀ステークス」出走の大外15番ジャーエスペランサが挙げられます。


10R「雲雀ステークス」の馬柱は、

15番ジャーエスペランサ 柴田大 13着/16ゲート/17番人気/478。


一方「共同通信杯」の大外12番の馬柱は、

12番コスモナインボール 柴田大 13着/15ゲート/9番人気/478。


同じ大外で「柴田大」、「13着」、「478」を重ねているのがお判り頂けよう。
池島さんが扱っておられた同番重ねに加え、このように枠の位置での重ねもありということだ。

即ちこのRは「第3章」で述べたサイン競馬ファクターの内の3個のファクターを大外枠という同じ位置で重ねることによって、サイン馬としての必要要件を満たしていると言えます。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ