石ころサインがダイヤの原石に変わる
石ころサインがダイヤの原石に変わる
アフィリエイトOK
発行者:trueofx
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2015/02/16
最終更新日:2016/10/17 23:22

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
石ころサインがダイヤの原石に変わる 第2章 JRAが耳元で囁く
私の競馬研究の素材は主に「競馬番組表」、所謂「馬柱」となります。

馬柱を眺めていると、多くの偶然とは思えない違和感を感じる(不自然な)部分が存在します。

そう、これはJRAが発したサインではと考えるのが自然です。
あなたの耳元でJRAがそっと囁いてくれています。

内緒の話、「このレース、○○さんに激走してもらうわよ。」とか、「1番人気は○○さんだけど、今回はお休みだから・・・」、「配当に腰を抜かさないでよ、超、超~ビックなお宝無印を教えてあげちゃうから」等等のメッセージを送ってくれているのです。

しかしながら、せっかくのメッセージもその正確な内容を受信する為には、サイン解読の方法論が必要になります。

これまでに多くのJRA競馬に関するサイン本が活字となって来ましたが、JRAは平然と今日でも古くさいものを含め、多くのサインを送り続けています。このことは、出版されて来た活字が何らJRAの脅威にはなっていないことを意味します。

私と多くの研究エリアを共有すると思われていた池島雅之さんは逝かれてしまいました。

サイン研究は停滞してしまうのか、私はこれまでにそのノウハウに関しては、一切活字にはしませんでしたが、JRAプログラムに対する挑戦者としてサイン競馬ファンの為にも、私のノウハウを公開しながら、その解読方法について少し上のレベルに引き上げてあげようと考えています。

3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ