長船青治の小品集
長船青治の小品集

発行者:長船青治
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション
シリーズ:長船青治の小品集

公開開始日:2015/01/18
最終更新日:2015/01/18 23:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長船青治の小品集 第1章 荷馬車
そうしたら、脛にゲートルを巻きゴムびきの地下足袋を履きよれよれの日本手拭いを首に巻いた少し長めのたずなのロープを握って飴色に焼けた麦わら帽子のおじいさんが腰からキセルを出して一服やりだしたのだった。馬は、立ったまま休んでいた。私との距離は、3メートル位だった。これが夏の午後の夕凪だったら、何かもっと感じたかも知れない。その時、雪でも降りはじめたのだったら、その大きな真っ黒な眼の中に何か神様からのメッセージのようなものを見つけて、たとえば、「こんにちは、ぼくらって、似てるよね。」とか、「街の風景ってまるで絵のようだね。」とか、話しかけることが出来たのかも知れなかった。
(おわり)
2
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ