珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第8章 二人の温度
目の回るような感覚に立っているのがやっとだった。

なんとか平常心を取り戻そうと、頭を整理していると、主任の体が、すっと離れていく。

と、同時に、エレベーターが止まって、静かにそのドアを開いた。




エレベーターが止まった階。

ドアの向こうに見える光景に、私は、再び呼吸を乱した。

そこは、駐車場、……ではなかった。


薄暗くライトアップされた廊下に、いくつもの重厚間のあるドアが整然と並んでいる。



「しゅ、にん」

主任はエレベーターを降りて、そのシンとした廊下に足をすすめていく。




ここ。

このビルは、私も知ってる。

最近できたばかりの超高層ビルだ。

30階まではいろんなブランドショップや、高級飲食店が入っていて



その上は……ホテル。
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ