珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第7章 本当の気持ち
「……美村は」

「はい」

「酔ってたからって、好きでもない男と寝れるか?」

「え、いいえ」

「そうか」

「でも……好きな人だったら……相手が好きな人だったら普段の思いが酔った勢いで暴走してしまうかもしれません。たとえば、相手が主任だったら、とか」

目を見ては言えなかった。
刺身に視線を落としながら、顔は、デレデレとした、だらしない笑顔になっている気がする。しゃきっとしなさいよ自分。かっこわるい。

「…そうだよな」

主任は、ぽつりとそう言って、最後の角煮を口に運ぶ。

テーブルに並べられた料理は、ほとんど片付いていて、私のお腹も充分に満たされている。

「さて、そろそろ出るか」
残りのウーロン茶を飲み干して、主任がそう言った。
82
最初 前へ 79808182838485 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ