珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第7章 本当の気持ち
終業のチャイムが鳴る。

今日の服は、藍色のヒラヒラしたチュニックに、白のパンツ。

シルバーの三連ネックレスと、ハート型の腕時計。

急いで着替えて、トイレに移動。口紅を塗りなおして、髪をサイドでクルクルとまとめあげる。



どんな状況でも、主任と会うときは、一番かわいい自分でいたい。

たとえ、このデート(なのかどうかわからないけれど)が最後になっても。



「あれ?美村さん」

トイレから出てきた廊下で、後ろから男の人の声が響いた。

振り返ると、同期の東田くんが、スーツ姿で立っていた。



「東田くん」

東田くんは、かっこいいというより、かわいい感じの男の人だ。

入社したての頃は、よく同期のみんなで飲みに行ったりしていた。

「美村さんの私服姿、なんかかわいいね」

「え、ホント?ありがとう」

褒められて、私は改めて自分の格好を見下ろした。

素直に嬉しくなる。

主任も、そう思ってくれるだろうか。



「美村さんは、もう帰り?」

「うん」

「そう」


私はそわそわと出口に視線をむけた。

人がまばらなホール。

無人になった受付。

主任、待ってないかな。

でも、私がオフィスを出るとき、まだ仕事していたから、今頃着替えてるころかな。
70
最初 前へ 67686970717273 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ