珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第6章 夢かうつつか
主任からの答えは、髪を乾かし終わった頃届いた。

『あいている。仕事終わったら俺の車でいいか?』

一瞬、『あいている』のところを、『あいしてる』と見間違えた私は、舞い上がり、パニックになりかけた。

そして、五分後、そんな自分にかなり落ち込んだ。





『あいしてる』かぁ。

そんな言葉、本当にいただけたらどんなに幸せだろうか。

私はパソコンの入力をしながら、ちらりと斜め前の主任に目を向ける。



今日のネクタイは、さわやかなライトグリーン。

真剣な表情で書類に目を向けている。真剣な表情がサマになるなあ。

以前、主任の机の机を拭いている時に、ちらりと書類を見てみたことがあるけど、難しすぎて、私にはさっぱりわからなかった。

「美村」

「は、はい!」

ふと、主任の視線が私に向いて、私は数センチ、体を飛び上がらせた。

「この書類の入力を頼む」

「あ、はい、わかりました」



一緒に仕事できるだけで、幸せ。

私のこと好きじゃなくても、幸せ。

そう、だったのに。
68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ