珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第4章 奈緒、舞い上がる
私はベッドの中で、パッチリと目を開けた。

主任の端整な顔が、一瞬にして自分の部屋の景色に変わる。

 私は、ベッドボードで鳴り続ける携帯のアラームを憎しみを込めて両手で止めた。

「なんて夢……」

 待ちに待った日曜日の朝。

実は、主任の夢を見るのは、初めてじゃなかった。

『家に来るか?』と言われてから、ほぼ毎日、主任は私の夢の中に出てきていた。

でも、今日のは……

「重症、だよなぁ」



主任が夢に出てくるたび、現実の主任と会うのが気まずくなる。

『俺の家くるか?』なんて、刺激的なことをメールで言っておいて、会社では相変わらず厳しい主任。

動揺で、よけいミスが増える私。

ため息をついて、私を呼ぶ主任。

仕事は仕事。

主任はそう言うけれど。私だって、わかるけど。

夢の中みたいに、ラブラブになれる時は、来るのかな。

プライベートになったら、怖い主任から、いつも夢に出てくるような優しい『秋人』に、ちゃんと変わってくれるのかな。

 会社で主任に怒られるたび、すごく不安になる。
44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ