珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第4章 奈緒、舞い上がる
―― 二人掛けのシックな黒いソファに座って、私と主任の肩が触れ合っている。

ここは……主任の家?



「主任……?」

「こら」

私が彼を呼ぶと、すぐさま肩を抱き寄せられて、切ない声が鼓膜をくすぐった。

「秋人って呼べって言っただろ……」

耳にかかる吐息。

ドキドキが、最高潮に、私の体を熱くしていく。



「あ、あき、あき……ひ、と?」

 しどろもどろに私がそう言うと、主任の手のひらが私の頬に当てられた。

「きちんと言えなかったぞ。始末書だな」

「え、ええ!?」

「だが、これで許してやらないこともない」



そのまま私の体はソファに押し倒され、彼の体重が私の体を支配する。

「しゅ、しゅに」

「だから、『あきひと』」

主任のぬくもりにに包まれながら、ゆっくりと、主任の長いまつげが近づいてくるのを見ていた。

唇と唇が密着して、彼の手が私の太ももを撫でる。

その手は太ももを伝ってスカートの中へ滑り込み、そして指先が下着にたどり着いた。

あ、だ、だめ……







『……ピピ、ピピピ、ピピピ』
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ