珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第4章 奈緒、舞い上がる
「あーあのね、昨日は主任にお説教されちゃった。お昼中、延々と」

 にっこり。

「そうなの?そんなに怒ってるように見えなかったけどなぁ」

 洋ちゃんがハフハフ言いながら、ポテトピザをほお張る。

「あの、もうね、怒るとか、そんなレベル超えてるみたい。ダメだねぇ、私、えへへ」

 自分でそう言って、自嘲気味に笑ってみた。

 そのまま、かぷりと、ピザにかぶりつく。



 気がつくとテーブルがシーンとしていて、顔をあげると、三人とも、ピザを食べる手を止めて、ひどく不憫そうな顔で私を見ていた。

「え、あれ?」

 困って、三人の目を見返す。と

「奈緒、お、落ち込むことないよ」

「そ、そうだよ、気にしないほうがいいよ、ねぇ」

「うん、元気出して、そのうちできるようになるって。ほら、これ食べな」


三人が一気に同情のセリフを向けてきた。最後の一切れのピザが私のお皿に置かれる。

しまった。そうとう同情されてる……。

うそなのに。なんか申し訳ない……。

「あはは、私、気にしてないよ。あの、主任もがんばれっていってくれたし」

「そ、そうよね」

「がんばれ!」

「大丈夫よ、ドンマイ!」

 みんなの気遣いが身にしみる。

 ……ごめんね、みんな。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ