珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第4章 奈緒、舞い上がる
「あの、主任、いまのってどういう……」

私、また何かやらかしたのだろうか。

でもそれにしては、なんだか様子が違う。

表情が怒ってないというか、ちょっと優しい声色だし。


「美村、なに食べたい」

「はい?」

「何がいい、って聞いてるんだが」

「……パ、パスタ、ですかね」

じゃぁ行くか、と主任は席を立った。

スタスタと事務所を歩いて行くその背中を、私もちょこちょこと着いていく。

なんだろう。

私をランチに誘ってくれている?

それは嬉しいけど、背中に羽が生えて飛んでいくくらい嬉しいけど、でも、なんで?



けれど主任の車に乗せてもらって、5分くらいで小さなパスタ屋につくころには、そんな疑問もすっかり忘れて、私は舞い上がっていた。

また主任の車に乗せてもらったこと。

二人でこんな、おしゃれな感じのパスタ屋さんに来れたこと。

これってさ、これってさ、デートみたいじゃない?なんて。
34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ