珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第4章 奈緒、舞い上がる
「奈緒~今日はどこ行く~?」

お昼のチャイムが鳴り、他の女子社員たちが、ぞろぞろと財布を持って立ち上がる。

「あーちょっと待って、これだけやったら」

あとひとつだけ、どうしても午前中に入れておきたいデータがあって、半分腰を浮かしながら打ち込みをしていた私。

そんな私を後ろから主任の声が呼び止めた。



「美村」

「はい」

「ちょっと、いいか」

「あ、はい」

私はパソコンのエンターキーを押して、ちらりと主任を見て、女子社員に向きなおった。

「ごめ~ん、洋ちゃん先行ってて。あとで行く」

でも、それを

「いや、原西、美村は今日は行かない。悪いな」

と主任の声がさえぎった。



「え?」

「え?」

洋ちゃんと、私の声が重なった。


「美村は居残り。えさはこっちで用意するから」

「え、えさぁ!?」

主任の発言に驚きながら、洋ちゃんを見ると、洋ちゃんも目を丸くしていた。

そして私たち二人を交互に見た後「どうも、お邪魔しましたぁ~」なんて言いながら、事務所を出て行った。
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ