珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第3章 誤解のはじまり
でも

でも私には

「私には、あんたみたいな器用な付き合い方はできないよ」

「ふぅん。不器用なんだね」

「女はね、常に優位じゃ、冷めるものなの」

「うわ、女とか語りだしちゃったし」

「あぁ、訂正。『私は』やっぱり自分が、本気に好きになった人じゃないとダメみたい」

「ふぅん……」


ちょっと、ちょっとだけ、わかってきた。

私、主任のことを好きな、自分が好き。

ちょっとしたことで嬉しくなって、ちょっとしたことで悲しくなる、自分が好き。



ワクワクドキドキしてる自分が好き。

そして

私をこんな気持ちにしてくれる、主任が

すごく好き。


どんなに冷たくされても

私のことなんか、全然眼中になくても

主任に会えてよかったって思う。

30
最初 前へ 27282930313233 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ