珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第3章 誤解のはじまり
「ナオスケも早く彼氏つくれよな~高い理想ばっか言ってないで。『コレ』は多分無理だよ。美形すぎ」

「うるさいな。無理めなことくらいわかってます」

それでも、抱き寄せられて『かわいかったんだな』なんて言われちゃったんだからね。

きっと主任は酔っていて覚えていないだろうけど。

あの後、会社に着いてから起きた主任は、ケロっとしていつもと同じ様子で仕事に戻っていたから……



でも、携帯の寝顔見たくらいで、無理、と言われちゃうくらい、私と主任は釣り合わないのか。

起きて、キリリとした写真なんか見たら、夢を見るなとバカにされるんだろうなぁ。

こんなかっこいい人が、おなじ会社にいるだけでも、夢みたいなことだもんなぁ。

こんな写真が撮れたことだって奇跡。

ましてや酔って抱きつかれちゃうなんて、ただのラッキーとしか言いようがないよね。

……わかっちゃいるけど。

そう面と向かって、ムリ、と言われると、うわついた気持ちがシュンとしおれてしまう。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ