珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第3章 誤解のはじまり
目をあけると、渋めの赤いネクタイが目の前にあった。

「え、ちょ、しゅ、主任?」

だ、だめ。

主任のきれいなスーツにファンデーションがべったりついちゃう。

私は、必死でスーツから顔を離した。




「美村……オマエ、かわいかったんだな」

「へ!?」


か、かかかわいい!!?

いま、かわいいって言った!?

「主任、いま、なんて」

彼の左手は相変わらず目の上に乗せられていてしかも、向こう側を向いていて、表情が読み取れない。


でも、かわいいって言ったよね。

今、絶対言ったよね!?

どうしよう。

嬉しくて、たまらない。

胸がぎゅんぎゅんとした。

体中を血が全速力で駆け巡っていた。



怒られてばかりでも、思い続けたこの心は


無謀な恋だと思いながらも、思い続けたこの心は……

23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ