珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第3章 誤解のはじまり
信じられない。

本日二回目、ほめられた。

またほめられた。

今日まで5ヶ月間、怒られっぱなしだった私が……!


感動に打ち震える私は、でも言葉が出なくて、うろたえた。

ものすごく喉がかわいて、動揺のあまり、あろうことか私は、主任の手にある水に手を伸ばしていた。


「おれは……見れてなかったな」

「は、はい?」

主任のペットボトルを掴んでしまう直前に、次の言葉がかけられて、私はすんでのところで手を止めた。


「なにを、ですか?」

「……おまえの、いいところを」

「え、きゃ!!」


主任を覗き込んでいた私の背中に、彼の右手が伸びて、私はぐいっと胸元に引き寄せられていた。


私はバランスを崩して、彼の胸元に落ちた。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ