珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第3章 誤解のはじまり
「お疲れ様でした」

会社裏手の、広い駐車場の一角に停めてあった主任の車。運転席に私が乗り込み、重厚感のあるドアをバタンと閉める。

「あぁ」

主任も、ぐったりしながら助手席に乗り込んで気だるそうにドアを閉めた。


「あの、すいません。なんか雑談ばっかしてしまって。邪魔じゃなかったですか?」

目の前にあるハンドルは、重厚感があって、ごつい。

何もかも、私の体には大きくて、違和感がすごい。運転、できるかしら。

私は不安になりながらも、エンジンをかけ、慣れない感覚でサイドブレーキを下ろす。


「……いや」

助手席の主任は、酔いがまわったのか、そう言うのがやっと、といった感じで助手席の背もたれを倒して、ため息をつきながら赤い顔に手の甲を当てた。

ぐったりしたその様子を見て、私は少し心配になった。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ