珈琲ゼリー  ~ほろ苦オフィスラブ~
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~
成人向アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/16
最終更新日:2010/10/02 00:27

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
珈琲ゼリー ~ほろ苦オフィスラブ~ 第3章 誤解のはじまり
「当社の経営方針ですが」

「いいよ、パンフレットもらえれば。それよりお嬢さん、そのジュースどうかね」

取引先の黒いソファにどかっと座った担当者は随分気さくな太ったおじさんで、主任がまじめな話をしようとすると、面倒くさそうに話をそらす。

思わずむっとする主任の横で、私は、なんとか場を和ませようと笑顔に努めていた。



「はい、このジュース、とってもおいしいです」

「そうだろう、そうだろう。うちの兄弟会社がやっている飲料会社のものでね」

「え、そうなんですか?ほんっとうに、すっごいおいしいです……何が入ってるんだろう?カシス?」

その言葉は嘘じゃなくて、本当においしかった。

兄弟会社ってことは、きっとここのお酒もとってもおいしいんだろうな。


「そうそうカシス。正解!しかし、そんなに幸せそうな笑顔をされるとまいっちゃうな。たくさん在庫があるからご家族にでも、もっていきなさい」

「わぁ!いいんですか!?主任!いただきましたぁ」


「ありがとうございます。……美村、その様子じゃ、お酒も飲みたかったろう」

隣から私に向けられた主任のちょっと皮肉な笑みに、恥ずかしながらも、顔がにやける。

「……はい、実は、飲みたくて飲みたくてうずうずしてました」

「あぁ、美村さんは運転手だもんなぁ。せっかくだから持って帰ったらどうだね」

「いいんですか?でもそんなに悪いです」

「いいの、いいの。うちの飲みたいって言ってもらえるのが一番嬉しいんだから」

終始こんな感じで、私ができたのは雑談ばかり。

商談をしたかった主任には、また迷惑をかけてしまったかもしれない。
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ