週刊バンカー的視点
週刊バンカー的視点

発行者:tokiv
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/01/15
最終更新日:2015/01/18 11:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
週刊バンカー的視点 第1章 20130705 週刊バンカー的視点 第1回/市場を語る人にはご用心を!

新生銀行が実施し、先週公表された「2013年サラリーマンのお小遣い調査」の
結果では、日本の勤勉な会社員の旗手とみられることの多い、サラリーマンの
平均のお小遣いは月額3万8457円だった。この金額には昼食代も含まれる。
月額のお小遣いは昨年から1299円下がり、1982年の調査時の3万4100円に次ぎ
2番目の低さとなった。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食代込で月約3万8000円を如何に有意義に使うか。

また、現在の生活でのムダを排除することでいくら小遣い=自由に使える
お金を増やすか。

前者は、昼食を手作り弁当にするか否かで1万円以上変わってきます。

外食・コンビニ弁当ばかりだと栄養に偏りが生じがち・保存料摂取過多が
心配になります。

さりとて、特に独身男性は手作り弁当を会社に持っていくのは、心理的に
なしでしょ!と思う方も多いと推測されます。そこまでして節約したくないよ
というのが本音かと思われます。

ですので土日の昼夜の自炊から始めてみればいいと思います。
(もちろんデート or 合コンがない日です)

これだけでも月1万円位は変わってきます。

もちろんメインは、携帯をテザリング機能付きのものに替えて家の光ファイバ
ー等を解約する、N○Kの家庭訪問は出ないようにする、固定=不携帯電話は
解約する、新聞はネットのロイター・ブルームバーグに変更する、モテ度に
直結しない車は売却する(都会の場合)、ポイント還元率の高いクレジット
カードでの支払いにする、つまらなくなってきたTVは無理してみない/消す
習慣をつける、国債利回りより低い銀行預金は銀行員への寄付金みたいなもの
なので極力減らす、本は図書館やAmazon・Bookoff等の中古を基本とする、
どうせ値段なんて外見では絶対わからないから激安スーツを基本とする、
といったちょっとした節約が月に数万円、年に数十万円、10年で数百万円の
違いを生み出します。

そうして生み出したお金で投資をしたり、一発逆転を狙うならコーディングの
勉強をする足しにするといった「生産的」な用途に割り振りすれば、実りある
人生になるんではないかと考えております。

14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ