週刊バンカー的視点
週刊バンカー的視点

発行者:tokiv
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/01/15
最終更新日:2015/01/18 11:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
週刊バンカー的視点 第1章 20130705 週刊バンカー的視点 第1回/市場を語る人にはご用心を!
-7/4 キョーリンHD 新研究開発施設の建設について
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130704085259.pdf

新研究開発施設を栃木に計画、建設費用見込み78億円



-7/4 幸楽苑 平成26年3月期 6月度売上推移速報に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130702083664.pdf

売上高対前年同月で+3.8%


___________________________________

○実生活に生かす投資理論
___________________________________

たいそうなタイトルにしてしまいましたが、限りある資源であるマネー
=タイムを投資以外のどこにどれ位投下すれば、異性との恋愛機会を
減少させることなくアーリー・リタイアメントに近づけるかということを
科学するコーナーにしたいです。

サンプルでは、新聞のROC(投下資本利益率 Return on capital)
はいかがなものかという問題提起をしました。

第1号では、7/2ウォール・ストリート・ジャーナルの記事を踏まえて、
小遣い効率化戦略を考えたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アベノミクスでも続く日本のサラリーマンブルース─お小遣い調査より

これまで15年かそこらにわたり、日本の「サラリーマン」にとって生活は
たやすくはなかった。

物価や賃金が下落するデフレ経済のなかで、男性の給与所得者──日本の
労働人口の大半をなす──は収入の範囲内でやりくりするのに苦労し、
同僚との昼食や仕事帰りのビールなど、ほんの少しの仕事関連のぜいたく
さえ切り詰めてきた。

安倍晋三政権の積極的な経済政策「アベノミクス」で企業の景況感はここ数年
間で最高水準に押し上げられたかもしれないが、サラリーマンの大半に
とって、状況は悪化していないとしても、ほとんど変わっていない。
消費傾向についての最近の調査で、月額の「お小遣い」が過去30年間で
最低水準に落ち込んでいることが示された。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ