週刊バンカー的視点
週刊バンカー的視点

発行者:tokiv
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/01/15
最終更新日:2015/01/18 11:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
週刊バンカー的視点 第1章 20130705 週刊バンカー的視点 第1回/市場を語る人にはご用心を!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

週刊バンカー的視点

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

20130705 週刊バンカー的視点 第1号/市場を語る人にはご用心を!

ついにメルマガ第1号を発行することになりました。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

第1号のメニューはコチラです。

○投資の基本項目伝授しちゃいます
○今週の主なコーポレートアクション
○実生活に生かす投資理論
○自由人を目指す方に送るコトバの力
○編集後記


___________________________________

○投資の基本項目解説しちゃいます
___________________________________

今週の主なコーポレートアクションの中から、特に重要なトピックを
高校生にもわかるように解説いたします。今週はびっくりする位、企業活動が
活発でどれにしようか迷いました。一面候補と考えたのは、

1. オリンパスの菊川元会長の懲役3年執行猶予5年判決
2. LIXILグループ(トステム・INAX等)のASD America買収
3. 楽天の三菱UFJモルガン・スタンレー証券のアナリストレポート批判

の3つです。

1.は「似たような罪状のホリエモン氏が執行猶予が付かなかったのに、菊川
氏等の扱いは何?フェアじゃないよね!」と思う読者も多いとは思いますが、
アーリー・リタイアメントを目指す投資家向けのメルマガとしては、日本で
起業することのリスク認識を高めるイベントではあると思いますが、投資家に
は若干結びつきが弱いかなと判断いたしました。

2.はM&Aの知識取得向けとしてはいいのですが、ASD Americaが非上場企業で
財務情報が限られること、及び、LIXILの企業サイズから言ってそれほど
大きな買収でもないので見送りました。そうは言っても2009年に約1億3000万
ドルで買うチャンスを逃し、今回約2.6倍の約3億4200万ドルで株式を取得する
という「曲がり屋」っぷり、あるいは汚れ仕事であるリストラを
PEサン・キャピタルにやらせるという「腹黒」感等、突っ込みどころ満載
なのですが。。。

よって、今週は3.を深堀りしたいと思います。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ