22歳の高校生活
22歳の高校生活
アフィリエイトOK
発行者:すみれ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/09/08
最終更新日:2010/10/08 13:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
22歳の高校生活 第1章 派遣社員の憂鬱
小さなビルの最上階。カツカツと足音が響く廊下を通って、オフホワイトのスーツに身を包んだ私は、ベージュのマニキュアを施した手で、「社長室」と書かれたドアをノックした。

中途半端に高そうな調度品が置いてあるその部屋に入ると、その奥にある大きなデスクまで進み、どっしりと座る年配の男性に深々と礼をする。

「社長、短い間ですが、お世話になりました」

きっちり斜め45度に上半身を倒した私は、体を起こすと、メガネを直してにっこりと微笑んだ。

:: 派遣社員の憂鬱 ::

私、梶 逢子は22歳。今日までこの会社の社長秘書だった。
叔母さんの経営する派遣会社から派遣された、一年間の契約秘書。
はじめのうちは、慣れないヒールや、安っぽく見えないスーツを新調するのにいろいろ苦労をしたものだけれど、最近やっと板についてきたところだった。

『ごめんね、キミみたいな可愛い子、本当は契約を更新したいんだけど、この不景気でね。うちも厳しいんだよ』

私の横まで歩いてきた社長は、申し訳なさそうに言って、そして私の背中に手を回してきた。
「いいえ、とんでもないですわ。一年間、本当にありがとうございました」
私は、さりげなく後ろに下がって、その手をやんわりと外した。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ