羊

完結
発行者:シュール
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/09/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
第3章 失意の中で
「たまには外へ食べに行かへん?」
 妻はいつもの「どうやったん?」の代わりに言った。
「金あんのんか?」
「お好み焼き食べるくらいのお金やったらあるよ」
 店に入ると、まだ時間が早いせいか客はほかに誰もいなかった。
 娘は久しぶりの外食にはしゃいでいる。
「ビール一杯だけ飲ましてな」
 ソースの焦げた匂いがたまらなくいい。
 家族三人でお好み焼きをつつく幸せ、今まで思ったことなんかなかった。
「ええ社長さんでな、色々と話しさしてもらったんや。
 結構評価はしてもらったとは思うんやけど、たぶんあかんと思うわ。
 もう大阪に固執するのはあかんかもしれんわ。
 真剣に、単身赴任で名古屋とか東京へ行くことを考えんとな」
「この前受けたとこの返事は来たん?」
「あかんかった。
 今日、履歴書と職務経歴書戻ってきたわ。
 ええ感触やってんけど、あんたの言う通り、あまりにも馴れ馴れしく喋りすぎたかもしれんな。
 謙虚さが足りんのかな?」

 四日後、メーカーの現業部門にブラジル人を派遣する人材派遣会社から、履歴書と職務経歴書が送り返されてきた。
「もうほんまにこの世の中から必要とされてへんかもしれんな」
 妻は何も言わなかった。
68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ