羊

完結
発行者:シュール
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/09/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
第3章 失意の中で
慌ててアンケートに答える。
 しかし、皆、説明会の時から少しずつ書いていたのか、一人、また一人とアンケート用紙を裏向け席を立つ。
『今回の説明会の感想を自由に書いてください』
“・・・・・感動した・・・”
 どこかの国の首相の受け売りを殴り書くと、周りの目など気にせず、ドタドタドタと出入口に向かって突進した。
「二時間以上お待ち頂くことになりますけど・・」
「大丈夫です」

 一つだけ空いていた喫煙席に腰を降ろすと煙草に火を着け携帯電話でメールを打つ。
〈面接受けて帰るわ、六時頃になる〉
 窓の外をスーツ姿の人が足早に通りすぎる。
 この世界にまた戻って来たいなぁ・・・。
 

 ビルに戻り、喫煙ルームで煙草を吹かしていると“竹井”が「山田さんですか? 長い間お待たせいたしました」と言ってやってきた。
 部屋に入ると意気なり“竹井””は「山田さん、こんな大きな会社行っててどうして辞めたんですか?」と聞いてきた。
「まあ、色々ありまして・・・」
 後はいつも通りの回答をした。
「そうなんですか・・・いやあ、もったいないなあ・・・どうですか就職活動のほうは?」
「いやあ、思った以上に苦戦してます。
 歳なんか、ほとんどが書類選考で落とされますわ」
「えーっ、そうなんですか?
 K大学を出られて何社も渡り歩いているわけでも無いし」
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ