羊

完結
発行者:シュール
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/09/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
第3章 失意の中で
「ありがとうございます。
 おそらく、年末が近づくと何度か無理をお願いするケースが出てくると思いますので。
 それと、期間なんですが、十一月の中旬から十二月の中旬ということなんですけど、もしもう一ヶ月延長をお願いした場合は?」
「まあ、決まってなかったら本当は困るんですけど、次に勤める会社が決まってなかったら続けさせてもらいます」
「ありがとうございます」
 そう言ってチョッキはもう一度頭を掻いた。
「一週間から十日の間に結果のほうはご連絡させていただきますので」

「よっぽど人手がないみたいやで」
 スエットに着替えながら妻に言った。
「せやけど、重たいもんは持ちたくないとか贅沢言うてたら、こら使いもんにならん言うて・・・」
 ここまで言って、妻は、しまったと言う顔をした。
 製本会社でのアルバイト以来、俺は、使い物にならない、と言う言葉に敏感になっていた。
「アホかっ!」
 ほとんど喧嘩腰だった。
「集配業務はできませんか?友達を紹介していただけませんか?残業をしていただけませんか?期間を延長していただけませんか?
 今日にでも来てもらいたい状況やぞ。
 もしあかんかったら、ほんまに俺はこの世の中から必要とされてへんて認めて死んだるわいっ!」
 電話が鳴った。
「お義父さんから」
 妻が子機を俺に渡す。
「なんか面接の日時をお知らせしますっていうメールが何件か来てんぞ」
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ