羊

完結
発行者:シュール
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/09/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
第1章 俺様・・・ハローワークにて
「古田さん」
 俺は古田に声をかけた。
「はい?」
 急に声を掛けられて、古田は少し驚いた表情をした。
「古田さんのお仕事ありますよね、このキャリアアドバイザーっていうの、こういうのはどうですかね?」
 実際に、パソコンを使った会社検索で、よくこういった人材派遣業を目にした。大卒以上、四十歳くらいまで、未経験者歓迎と言った文字が踊っていた。
「営業経験が長いですから、こうやって初対面の人間と話すのも苦ではないですし、実際に転職を経験しているわけですから、その人の気持ちになって話ができると思うんですよ」
「うんー、難しいと思うんですけどねえ」
「(おまえ、嘘でもええから、いいんじゃないですかと言えんのか)条件も合ってると思うんですけどね」
「退職してからの期間が長引けば長引くほど条件が悪くなりますから、まあ、どうしてもとおっしゃるんでしたら一度お受けになられてもいいかと・・・」
「(何やその言い方はっ! 受けても通らんて言うんか? おまえよりもっと俺ははきはきと明るく喋れるし、相談に来た人に希望を持たせて帰らせてあげれるぞ。よしっ、内定取っておまえの鼻明かしたろやないか。どうせつまらん私立の大学出て、面接で心にも思てないこと言うて媚び諂ってなんとかこの会社に潜り込んだんやろが。おまえとレベルの違うとこ見せつけたろっ!)わかりました、色々と有り難うございました」
 席を立つと頭も下げずにブースを出、受付嬢の顔をもう一度だけ覗くと、エレベーターに乗ってビルを下りた。
 翌日、朝から実家へ行きパソコンの前にかじりついて、全部で七社の人材派遣会社に応募した。
31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ