羊

完結
発行者:シュール
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/09/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
第1章 俺様・・・ハローワークにて

「どういう意味やと思う?
 あのボケ、訳のわからんこと言いやがって」
 俺は、ネクタイを外しながら妻に聞いた。
「さあ・・・・」
 妻は、椅子に乗ってクーラーのフィルターを抜きながら首をひねった。
「良いほうにとったら、入社後煙草をやめられたら俺に言うてきてくれ。
 悪いほうにとったら、煙草がやめられたらもう一回俺の会社受けに来い、そう言うことちゃう?」
「そんなもん差別やんけ」
「“大卒以上”いうのと一緒やんか」
「アホか、それとこれとは別じゃ。
 俺は別にかまへんで、こんな程度の会社、半分冷やかしで受けてんから。
 せやけど、中にはなんとか受かりたい言うて真剣に受けてる人もおるはずや。そんな人らに対して失礼や。煙草がだめやったら最初から求人票に“喫煙者不可”て書いとかなあかんよ。
 一回ハローワークに言うたろ」
「そんなにムキにならんでええやんか、冷やかしで受けてんやったら。」
「あかん。
 間違ったことをやってる奴にはあんたそれ間違ってるでって言うたらなあかん。それを言わへんからこの国はおかしなったんや」

 妻の悪いほうの予想がまたしても当たった。
 面接から三日後、今度は電話ではなく郵送で返事が来た。
“誠に申し訳ないですが、今回の採用は見送らせて・・・・”と書かれた最後に“尚”の続きに“三カ月後、再度ご連絡を取らせていただきます。その時点でお煙草をやめられていた場合、再度社長面接をお受け頂けます”と黒い斜字が印刷されていた。
「何様じゃっ!」
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ