羊

完結
発行者:シュール
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/09/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
第1章 俺様・・・ハローワークにて
家のローンもあんねんから、もう決めてしもたら」
「まあ、その前に、高木さんに電話だけ入れとくわ。
 ちょっとはプレッシャー掛けとかんと、なかなか電話貰えそうにないからな」
 貰った名刺に書かれていた番号に掛けると女性が出てきた。
「どちらの山田様ですか?」「お勤め先はどちらですか?」「え、無職の方ですか?」
 義兄の名前と、辞めた会社名を言ってやっと高木さんにつないでもらえた。
「先日はどうもありがとうございました」
「あ、いえいえ」
「その後如何ですか?」
「あ、まだなんですよ」
「そうですか。
 いえ、私もちょっと時間が経ちましたんで、ハローワークで一社見つけてきまして、週末に最終面接にいくんです」
「あ、そうなんですか。
 じゃあ、見つかりましたらすぐにご連絡いたしますので」
 高木さんは忙しいのか、逃げるようにして電話を切った。
「高木さんも、俺の経歴に見合ったとこ紹介せなあかん思て苦労してはんねやろな」
「そうかなあ。
 ただ単に、捜してんねんけどほんまに見つかれへんかったりして」
「アホか。
 大輝セミナー程度の会社やったらあっと言う間に最終面接までいってるやないか。
 高木さんはな、そんな程度の会社やったら吐いて捨てるほど知ってるはずや。せやけどこの俺にはそんなとこ紹介でけへん。せめて一部上場の会社は紹介せなあかんいうて苦労してはると思うで。
 まあ、正式に大輝セミナーで内定貰ってから、今度は直接会うてくるわ。結構時間立ちましたしどうしましょって」
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ