非正規社員から正社員になる方法
非正規社員から正社員になる方法
アフィリエイトOK
発行者:月野りつ子
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2015/01/04
最終更新日:2015/01/04 19:35

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
非正規社員から正社員になる方法 第3章 自分の専門職を決めよう
①自分のスキルや経験の棚おろし

そこで、まずは現在の自分の経験やスキルや成し遂げたことをリストにしていきましょう。

これは、後で職務経歴書を作る際などにも役に立つのでしておきたい作業です。

まずは、これまでの学歴や資格や職歴の中での経験やスキルや知識を書き出すかパソコンやタブレットなどに入力してみましょう。スキルや経験は仕事関連に限定せずに学校や趣味やボランティアや普段の生活で培ったものでも良いです。

書き出していくうちに、自分が意外と沢山の仕事をこなしたり、多くのスキルを持っていることに気づくと思います。

例えば、法学部を卒業して、派遣社員として三年間受付業務をしていて、それまで無かった業務マニュアルを作成した成果があり、MicrosoftOfficeスペシャリストの資格を取得していて、環境保全について学んだりボランティア活動を行っている方がいたとしたら、これら全てをリストに書き出していきます。

さらに受付業務の内容も、

来客受付・来客へのお茶だし・代表電話応対・会議室の予約業務・会議室の整備・会社案内やパンフレットの在庫管理や発注・受付のフラワーアレンジメントの手配・後輩の指導

といったように細かく書き出していきます。

全てをリストアップして、経験やスキルの中でも得意なことや好きなことから、どのような専門職へシフトしていくか考えていきます。

例えば、業務の中で会議室の予約の割り振りや電話応対が得意なのとMicrosoftの操作スキルを活かして、秘書の仕事にシフトしていくことが考えられます。

また、会社案内やパンフレットの発注やフラワーアレンジメントの手配が好きなら総務の仕事にシフトしていくことも考えられます。

また法学部で学んだことやボランティア経験を活かして、コンプライアンス・CSRの仕事にシフトしていくことも考えられます。

また、現在何らかの専門職に就いているか就いた経験がある方は、その専門職で正社員への転職を熟考してみましょう。

次ページに、各業界に共通の代表的な職種と求められるスキルを記述しておきますので、参考にしていただいて興味がある専門職について、業務内容や必要スキルを詳しく調べていきましょう。

この時点では、可能性を考えてみるので職種は絞らずにできるだけ沢山候補を書いていきましょう。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ