月刊武上レジまぐ版
月刊武上レジまぐ版

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/11/09
最終更新日:2016/01/31 23:21

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
月刊武上レジまぐ版 第1章 月刊武上レジまぐ版創刊
―月刊武上レジまぐ版'15 2月号
まずは、近況報告から。
ゲーマーズフロントを、そろそろ書かなければいけないんですが、始められないでいます。
アーケードの状況は、他の業界と同じように厳しいようです。
同じように、その厳しさの中で闘っている人がいます。
もう少し、そういった人々を取材しようと思います。
その方が、別話は深みを増すように思うからです。
申し訳ありませんが、暫くの猶予をお願いします。


久しぶりに、今月のテーマをやってみようと思います。
正義について、思い付くままに書いて行きます。
堺屋太一さんが、万博の話の中で
「正義には犠牲が必要なんです」と言う事を言ったのを、印象深く覚えています。
つまり、万博には開催に当たって問題が有るが、やらなければならないんだと言う意味でした。
インフラの整備や経済の起爆剤として、これ以上のブルトーザーは無い訳です。


そして本題ですが、今中東では正義が溢れ返り闘っています。
必要な犠牲は、終わる事なく払われています。
皆が普通のありきたりの日常を取り戻す為に闘っているのに、故郷の街は瓦礫になり、知り合いはまた一人居なくなる。
そして、怒りに燃えて激しく戦う程、敵の正義は増大し数が増え、新しい武器で向かってくる。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ