月刊武上レジまぐ版
月刊武上レジまぐ版

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/11/09
最終更新日:2016/01/31 23:21

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
月刊武上レジまぐ版 第1章 月刊武上レジまぐ版創刊
何かと言うと、米軍機が日本空母を攻撃する部分です。
当時の航空機による対艦攻撃は、低空に魚雷を搭載した雷撃機。
中空に戦闘機。
高空に対艦爆弾を落とす爆撃機。
これらが同時に、目標上空に入って攻撃するのが戦術だったようです。
所が。
米軍のパイロットは飛行時間4時間なんて言う初心者までが混じった素人集団で有った為、バラバラで目標上空に入った。
まず、戦闘機無しで低速の雷撃機だけが4機くらい固まって入ってきて、片っ端から撃墜されて全滅してしまう。
日本側は、楽勝ムードで負けると思った人は居なかった。

しかし、日本側の戦闘機は低空に集まってしまった。
そこに、たった一隻の駆逐艦を追尾して爆撃機が高空に入って来た。雲で目標が見つけられずに、遅れて迷子になっていた爆撃機だ。飛行機は高空から低空には簡単に移動できる。
逆は時間が掛かる。
間に合わずに、3隻の空母が被弾して燃えて、勝敗が決する。

実は、戦場の絆では初心者同志が対戦すると同じ事が起こります。枚数管理が出来て無いとか、サッカーをするなんて言い方をします。
戦場の絆は4対4 6対6 8対8で戦います。
仮に6対6対戦としましょう。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ