月刊武上レジまぐ版
月刊武上レジまぐ版

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/11/09
最終更新日:2016/01/31 23:21

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
月刊武上レジまぐ版 第1章 月刊武上レジまぐ版創刊
メール投稿ができなくなった点と、
サイト内で執筆すると改行されない点で、
解決をみるまで全ての執筆を停止します。

―月刊武上レジまぐ版'15 10月号


改行の問題が解決したので、執筆を再開します。
サポートの内田さんに感謝します。

さて。
何を書こうか……。
山本太郎さんの事を書いてみようと思います。
原子力発電所を無くす運動をされています。
国民と内閣と言う関係の中で運動をされています。
しかし、原子力発電所と言うのは、日米同盟と対中国 対ロシアと言う関係で存在しています。
つまり、この関係が変化しない限り(原子力発電所の)存在を日本政府が無くす事はない。

もし山本太郎さんが本気で、
原子力発電所を無くすおつもりなら
日米同盟 対中国 対ロシア関係を変える戦略を捻り出さなければならない。
それはアジアから武力紛争を消滅させるだろう…。
どうやるのかは、武上渓には皆目見当もつかないが。
山本太郎さんなら、やってのけるかもしれない。


アメリカの次期主力戦闘機開発は、2州を除く全米の州に分担されている。
つまり、それで生計を立てている人が全米に居る。
それ以外にも軍事によって、生計を立てている人は世界にどれほど居るだろうか。
同じように、原子力発電所にも製造メーカーが有る。
もし日本が原子力発電所を止めると、メンテナンスで収入を得ている製造メーカーは倒産する。何故ならば、日本が止めれば世界の国々も止めるからだ。
失業率が株価を暴落させる今日。阻止する国家と山本太郎さんは戦わなければならない。

山本太郎さんは、無くすのではなく、
火力発電所レベルの安全性に、原子力発電所を高める事に尽力なさってはどうだろうか?
原子力発電所は、「寝た子を起こすな」の一言で技術革新を禁止された。
もし、日本の技術者が50年と言う月日を
技術革新に与えられていたとしたら、原子力発電所はホンダの発電機より安全になっていたと言っても良いと思える。

日本の技術者にとって、不可能とは可能になるまで時間が掛かると言う意味なのだ。
彼らを支援されてはどうだろうか?
同じ不可能なら、こっちの方が夢と希望が有る。
前者には、身の危険と絶望しか無いと思う。
山本太郎さんは俳優と言う
夢と希望を与える職業の方だ。夢と希望に尽力して欲しい。
今月はこんな所で

2015年10月20日 武上渓
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ