月刊武上レジまぐ版
月刊武上レジまぐ版

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/11/09
最終更新日:2016/01/31 23:21

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
月刊武上レジまぐ版 第1章 月刊武上レジまぐ版創刊
―月刊武上レジまぐ版'15 7月号
木曜日。
仕事で疲れて帰ってくると、必ず村上龍さんがテレビに映っている。
今月は村上龍さんをテーマに思いつく事を書いてみようと思います。
プロの作家さんなのだが、小説は全て表紙と裏表紙と1ページ目を読んで書店の本棚に戻した。
ここまででソソラレなければ、本を買う事はない。
理屈ではなく経験則だ。
それ以外には、写楽と言う雑誌が有り、途中から村上龍さんが取材記を連載したのを読んだ事が有る。
コート紙オールカラーの写真で構成されている雑誌に、黒文字に単色の写真に上質紙と言うチープこの上ない取材記だった。
何故か記憶している一文が有る。SMクラブの取材記だった。
―縛ってもらったが、興奮しなかったー
村上龍さんと言う人は、この一文に凝縮されると思う。
思想に偏りが無いのだ。
SMと言うのは、思想の偏りで成立する。
道徳的にしてはいけない事をしていると言う、強い思い込みがなければ、興奮する事はない。
村上龍さんにとって、料金を払い仕事である以上、そんな思い込みは発生しないのだ。
そして風俗を否定も肯定もしない。
興奮しなかったとだけ書く。

思想に偏りが有れば
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ