連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第5章 [《第5章》 第4章が2回入力したので、この章は無料です。
「ねえ。先生どうしたの?」
「ごめん。ちょっと考え事をしてしまっていた」
 直人はそう言うのが精一杯だった。
「先生は、こんな話なんか信じないだろうけど、ちょうど本を読んでいる状態なんだ。早く続きが見たくて、毎日眠るのが楽しみなんだ」
 
 直人はもう何も言えなかった。もし、これが真実ならば、いずれ雅治は真実を知るのだろう。いや、なにをバカなことを考えているのか。現実にはあり得ない。直人は明らかに狼狽していた。

「雅治君は、その夢を信じているの? その……だれだっけ……男の子」
「パックスのこと?」
「……そう、パックスが君のドナーだと」
 直人は、パックスという名前を、口に出したくなかった。声にすると、喉が裂けてしまいそうになる。

「信じるとか信じないとか、そんな感じじゃないんだ。なんだかパックスという青年に、すごく親しみを感じるんだ。まるで、自分の体験を復習するみたいに。パックスにだけじゃなく、パックスの母さんにも、姉さんにも」

 此処まで聴いて、直人は立っていられなくなった。これ以上平静を装う事が出来なくなっていた。わざと、疲れた様子で壁に手を突いてやっと立っていた。内心は、自分の動揺が、雅治に気付かれないかドキドキしていた。

「そうか」
 直人は、不自然な笑みを浮かべて、そのまま何も言わずに部屋を出た。その様子が志保の時と同じように、ただごとではなくなっていた。
 
 雅治は、これが真実ではないにしても、真実に近い事だと確信した。
 そしてもう一つ、雅治が確信した事があった。不安でたまらなかった時、鏡を見てわざと笑顔を作り、母を心配させまいとしていた自分の顔に、直人の動揺を隠せなかった微笑がそっくりだったのだ。
 
 そう……直人先生が、自分の父親である事を、雅治はこの時同時に確信したのだった。
 しかし、今の雅治にとって、それは大した事ではなかった。直人が自分から、父親だと名乗らない限り、雅治にとっては、直人は自分の主治医でしかなかった。雅治が苦しい時、いつもそばにいて支えてくれたのは母だけであった。
65
最初 前へ 62636465666768 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ