連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第5章 [《第5章》 第4章が2回入力したので、この章は無料です。
 しかし、何処から話し始めれば良いのだろう。何を話せばいいのだろう。いざ話そうと思うと、うまく言葉が出て来なかった。

「直人さんは、正夢とか、夢判断とか、夢で心を知らせるとか……そんなこと信じる?」
 直人にはわけが分からなかった。美佳の精神がおかしくなりかけているのかと思った。
「えっ……夢? 僕はあまり夢を見ないから、考えたことがないけど、よく夢をみるの?」
「そうなの。会った事もない黒人の女の人の夢なの。多分雅治のドナーのお母さんだと思う。二人の子どもが次々にいなくなって、悲しくてどうにもならない……私に訴えているの」
「よく分からないけど、何度も見るの?」
「ええ、そう。でも、不思議とその人に対して、親近感があって自分の事のように思える。うまく言えないけど、会ってみたい。私のせいで苦しんでいる。私がこんな決断をしなければ、彼女はこんなに苦しむことはなかった。パックスを、失う事もなかった」

 直人は、冷静だった。美佳の様子を、医者の目で見ていた。

(パニック障害か……)

 仕方ないことだと思いながら、彼女の話を聞いていた。

「それなのに私が奪ったのよ。子どもの人生も、彼女の人生も。考えたら、私はいつも人を不幸にしている。直人さんの家族にだって……」
「それは、君だけの責任でゃないだろう……?」
 美佳は直人の眼を、すがるようにじっと見つめ、再び話し出した。
「それは分かってる。私のことはどうでもいいの。彼女を助けたい。助けてあげたい。悲しみを少しでも癒してあげたいの。ねえ、直人さん。私はどうしたらいいの?」
 
 支離滅裂で、何が何だか自分でも分からないのだから、直人が到底理解できない事も十分わかっていた。おかしくなっていると思われたとしても、今の美佳には話さずにはいられなかった。そうしなければ、本当に自分がおかしくなってしまいそうだったのだ。
 
 直人は困惑していた。明らかに今の美佳はおかしかった。しかし、これが普通の人間の精神なのかも知れない。こんなに冷静でいられる自分のほうがおかしいのだ。それほどひどい事を、自分たちはしているのだ。
59
最初 前へ 56575859606162 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ