連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第13章 《第13章》 最終章
「その通りだ。移植に関し、世界中の人々は他人事だった。移植には、かなりの費用がかかる。それを善意の募金を集め、成功すると愛の力だと絶賛した。確かにそうだ。人々の愛の力に違いない。しかし、臓器はまるで物のような感覚になっていて、そこにドナーの家族はいなかった。家族の悲しみ、その後の苦しみ、それを我々報道関係者が、きちんと伝えるべきだったのだ」

「そうなんだ。そこに問題があったんだ。私たちは、もっとそこに気付くべきだったのだ。寄付が集まった事、寄付をしてくれた人々。もちろんその善意がなければ成り立たないものに違いない。しかし、悲しみのどん底にありながら、息子の、娘の命を捧げてくれたドナーの家族。そして、何よりドナーに、我々は感謝の気持ちを捧げなければいけなかったのだ」
 その時、新庄は思わず小部屋のドアを開け、報道陣たちに言った。

「みなさん、今から私たちは、そちらに移動します。私はあなたたちの前で話がしたくなった。私は、あなたたちの真剣なまなざしが、大好きです」
 小部屋と広間の交流が始まった。それは、人と人の温もり、心の交流に等しかった。
 マイラは、雅治や倖、そして、新庄に心から感謝していた。
 マイラは皆の前で言った。

「此処に集まって下さった皆さん。そして、この対談を見てくださっている全世界の皆さん。本当にありがとうございます」
 そして、雅治と倖のそばに寄り添い、マイラは言った。

「私は、二人の子どもを失ったと思って来ましたが、本当は、二人子どもが増えたのだと今日気がつきました。移植は、そのあり方を間違えれば、世界中を震撼させる大事件に発展します。しかし、その可能性もまた、無限ではないでしょうか。日本がこの事件をきっかけに発足させた、国家移植倫理検討チームが、世界移植倫理検討チームに発展して行く事を、私は願います。どうぞ、私達家族のことを忘れないでいてください」
 そして、新庄がこの対談を締めくくった。

「みなさん。今日は本当にありがとうございました。この対談が、どこまで彼らの言葉を、心を伝える事が出来たか分かりませんが、どうか世界中の移植を待つ人々、そして、ドナーとなってくださる人々の心に、届きますように」 
 
 報道関係者から、大きな拍手が巻き起こった。
177
最初 前へ 172173174175176177178 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ