連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第13章 《第13章》 最終章
 皆一様に頷きながら聞いていた。新庄はその様子を確認して話を続けた。

「私は、全国の、身体に障がいを持つ人の中から、この四職種を募集しました。そして、全国を回り、一人ひとりに面接をしました。もちろん、ペーパー試験も課しましたが。面接を繰り返すうちに、私は彼らに心から尊敬の念を抱くようになりました。彼らの努力は、並大抵のものではありませんでした。そして、彼らには信念がありました。何より素晴らしいと思ったのは、彼らは、人は一人では生きていけないという事を、心から理解していたという事でした」
「助け合いという事ですか」
「一言で言うと、そのような事になるのかもしれませんが、雅治がさっき言っていた、移植はその人の人生を、丸ごと受け継ぐと言う事の意味だと私は思っています。その事を、クライエントやその家族に心から理解してもらわなければ、深い悲しみを抱いているドナーの家族に、同意をいただく事は不可能だということです。彼らには、それが出来ると確信して行きました」
 さっきから、一番前列でじっと聞いていた、雅治に残酷な質問をした記者が、再度質問した。
 一瞬、その場が緊張した。

「新庄。この国家チームを立ち上げるまでに、何年かかりましたか」
「私が移植に関わって、8年……です……」
 そこまで言って、新庄は言葉が出なくなった。

「新庄、お疲れ様。あなたは頑張った。本当に頑張った。日本は取り返しのつかない事件を起こしてしまった。それは、あなたの責任でも、雅治や倖、その家族の責任でもない。これは、世界中の人々の無関心の責任だ」

 その時、報道陣に変化が起こった。今までじっと聞いていた人たちが、静かに手を上げ始めた。
176
最初 前へ 172173174175176177178 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ