連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第13章 《第13章》 最終章
 新庄は続けた。

「そして、此処に居る倖は、心理カウンセラーとして、私が立ち上げた移植倫理国家検討チームで今後働く事になります」
 新庄は、倖に目で確認した。倖は、コクンと頷いた。

「私は移植倫理国家検討チームを立ち上げました。このチームは、三人の医師と弁護士、移植コーディネ―ター、心理カウンセラーの四職種六人で結成されたチームです。今回の事件で、医師から恣意を加えられた心・肝・腎に関する移植にのみ、このチームを派遣することにしまた」
 この時報道陣から質問があった。

「このチームに関しては、世界中のメディアがこぞって調べました。恣意を挟めないようにという事ですが、チームのメンバーは、どの様に選定されたのですか」
 新庄は、どの様にすれば、いろいろな人を傷つけずに話せるのか悩んでいた。

「世界中のだれもが知るナイチンゲール。私は、彼女の意思を尊重しようと考えました」
 その報道者は、突然出た名前に、怪訝そうな表情で言った。
「ナイチンゲール……ですか……?」
 カメラの向こうの報道陣は、皆同じようにざわめいた。

「昔、私がまだ小さかった頃、母から聞いた話なのですが、ナイチンゲールは最後まで、看護師を国家試験というペーパー試験で選ぶ事に反対していました。それは、医療に関わる人には、適正があるからです。いくら頭が良くても、今回の事件のように、医療には必ず倫理観が必要になってきます。適性は、その人本人を見なければいけないという事です。ペーパー試験では決して測れないということです」
175
最初 前へ 172173174175176177178 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ