連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第13章 《第13章》 最終章
「私は、この事件を八年間、ずっと追って来ました。不法な臓器売買はおぞましく、多数の犠牲者を出してしまいました。そして、私はその真相と悪を暴くため、世界中を走り回りました。このような事件を二度と起こさないために。しかし、此処で私は信じられない事実に突きあたったのです」

 カメラ越しの新庄は、涙を流しながら話をしていた。そんな新庄の真剣なまなざしと、実直な話口調が、報道陣を始め、全世界の人々に好感を与えていた。
 そして、その事を、新庄は知る由もなく話しを続けた。

「ここに、ある一組の家族がいます。マイラ・カイラントと、吉行倖、雅治義姉弟です」
 会場を見渡すカメラには、一様に怪訝な表情の報道陣の顔が映し出された。
「この三人は、先日の事件の当事者です……」

 会場は、一瞬大きなざわめきに包まれた。新庄は、そのざわめきがおさまるのを静かに待ち、そして話し始めた。
「この親子は悲しみを乗り超え、国境や人種を超えて固い絆で結ばれています。私は、この親子に賭けてみました。信じて下さらないかもしれませんが、今日の対談は打ち合わせが一切ありません」
 報道陣は、一瞬ざわめいた。本当かという声も聞かれたが、新庄は続けた。

「本当です。どの様な展開が待っているか私にも分かりません。そのため、報道陣の皆様には、ご迷惑をかける事になりましたが、関係者の気持ちを考え、ゆったりとした気持ちで話せるように、皆さまには別の部屋に入っていただく事になりました。申し訳ありません……」
 そして、新庄は、胸に手を当て、大きく深呼吸を二つした。

 報道陣には、かなり緊張している新庄の様子に、彼の覚悟のようなものを感じた。
 そして、その緊張感はカメラを通して報道陣にも確実に伝わった。

「では、対談を始めて行きたいと思います。マイラ、まず、私から質問してもよいでしょうか」
 マイラは、大きく頷いた。

 新庄は昨日の昼間、マイラに初めて会った時の言葉がずっと気になっていた。そのため、此処から始めようと決めていた。果たして上手くいのだろうか。
164
最初 前へ 161162163164165166167 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ