連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第12章 《第12章》
 看護師は鉢植えをよけながら、マイラをマリー医師の元へ、そして三人をソファーに誘導してくれた。

「まったく、この部屋は気持ちがいいのだけれど、車椅子を誘導するのは一苦労なの。まるで、ジャングルの中をさまよっているような気持ちになるわ!」
 そう言いながらもその看護師は、この部屋に来るのが楽しそうであった。

 看護師の様子を微笑みながら見ていたマリー医師は、マイラの方へ優しい穏やかな視線を送った。

「マイラ、やっと雅治と倖が来てくれたのね。良かった。本当に良かった……」
 マリー医師はマイラにそう言うと、涙を流した。
 マイラは二人を自分の元へ手招きで呼び、マリー医師の手をとりこう言った。

「先生。紹介します。この二人が、私の息子と娘です。名前はと容姿は変わってしまったけれど、この二人は、私の子どもたちに間違いありません。私、先生が言われたように、今まで生きていて本当に良かった」
 マリー医師は、二人にソファーに腰掛けるように促した。そして自分はマイラの車いすを押し、ソファーの横に就け、自分は床に跪いた。そして、二人の手をとると、こう言った。

「雅治も倖も、長旅は疲れたでしょう。ここに来るには、かなりの勇気が必要だったのではありませんか?」
 倖は、マリー医師の暖かな言葉を聞いて又涙を流した。そして、雅治は一呼吸おいて、ゆっくり話し始めた。

「何処から話せばいいか分らないのですが、僕たちの事件が、平和に暮らしていた一つの家庭を壊してしまい、将来に夢や希望を抱いて生きていた、大切な命を奪ってしまいました」
 少し言葉に詰まった雅治は、深呼吸をした。そして再びゆっくり話を続けた。

「出来るなら、今すぐにこの心臓を取り出して、パックスとユンカに帰してあげたい。でも、この事実は消せないし、元に戻す事も出来ません。そのことで、姉さんも僕も苦しみました。母や、父を恨んだことも正直ありました。でも、そのたびに、パックスとユンカが僕たちを励まし、戒めてくれたのです。時には、傷ついた心を癒してくれることもありました」

 雅治は、移植当時、辛い拒絶反応を起こした時の話を、マリー医師に話して聞かせた。
157
最初 前へ 154155156157158159160 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ