連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第12章 《第12章》
 マイラはたまらくなって、ハラハラと泣き出した。

「ユンカ、パックス。辛かったね。痛かったね。助けてあげられずにごめんなさい。でも、母さんは、しっかり生きて行くからね。二人に会えたから、もう大丈夫だから。雅治と倖の中で、しっかり生きて行くんだよ。母さんは大丈夫だから」

 ムンカも泣いていた。何という優しい人間なのだろう。自分なら許せるだろうか。いや、きっとこんな風に許す事は出来ないだろう。いまさらながらに、ムンカはマイラの優しさと、尋常ではない人間愛に言い知れぬ感動を覚えていた。

 しかし、ムンカはのんびりしてはいられない事に気付いた。マイラをこの病院から出してやらなければいけない。それが、此処に強制入院させてしまった自分の使命だと思っていた。

「マイラ。あなたの主治医はどなたなの?」
「マリー先生よ。でも、心配しなくても大丈夫。マリー先生は、きちんと私の話を聞いてくださっているから。パックスとユンカの夢の話も以前から詳しくしているのよ」

 マイラの主治医であるマリー医師は、精神科医であり、南アフリカでは統合失調症の有名な医師であった。現在マリー医師は、統合失調症だと診断された患者の全てが、統合失調症だとは限らないと主張していた。

 マリー先生は毎日毎日マイラの話を、根気強く聞いてくれた。マイラは、パックスとユンカがいなくなり、死にたいと思いながら暮らしていた。しかし、マリー先生に出会ってからは、その気持ちが徐々に溶けていった。

 もし、この病院に強制入院させられマリー先生と出会わなければ、雅治や倖と、こんな風に穏やかに出会う事は出来なかったかもしれない。
 マリー先生は、真剣に話を聞いてくれるだけではなく、マイラの話を疑う事をしなかった。

 しかし、マリー先生に会ったことのないムンカは、マイラの話を聞いても、直接会って自分で話をしなければ、どうしても自分の責任を果たす事が出来ないように思えた。

「マイラ、とにかく私をマリー先生に会わせてくれないかしら。どうやら、あわてて貴方を連れて帰る必要のない事は分ったけれど、この真実をきちんと話さなければいけないと思うの」
「そうね。私もそう思う。雅治や倖にも、マリー先生に会って欲しいし」

 マイラは、にっこりほほ笑んでそう答えた。
155
最初 前へ 152153154155156157158 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ