連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第12章 《第12章》
「よくわからないけど。いいわ、私は付いて行くから。でも、まるで自分が生まれた場所のような気がする。私は、余り街の夢は見ていないんだけど……不思議だわ……」

 本当に不思議だった。何かに導かれるように二人は歩いていた。初めての街。それも日本ではない遠い国。それなのにこの温かくて懐かしい、優しい気持ちはどこから来るのだろう。まるで故郷に帰ってきたような、わくわくしてくるような不思議な安堵感。言葉で表すのは難しいが、とにかくやっと帰ってきたというような心地よさに、二人は満たされていたのだ。

 夢の中のパックスは、黒い肌とカーリーヘアの黒人の青年だった。カモシカのように長い脚、きらきらした綺麗な瞳は、まるで宝石のように美しかった。

 だが、今ここに会いに来たのは、当然のことだがパックスではない。パックスの家に近づくに従って、雅治は段々不安になってきた。本当に自分はパックスの母親に会う資格があるのだろうか。自分はパックスのように純真な人間なのだろうか。母親が自分を見て、がっかりしないだろうか……

 倖も同じだった。自分は果して、ユンカのように優しい娘なのだろうか。ユンカと違う肌の色を見て、ユンカの母親は悲しまないだろうか。出来ることなら、このまま黒人の女性になって、お母さんの前に行きたかった。少しでも、ユンカに近づきたかったのだ。

 雅治と倖の歩調は、少しずつゆっくりになって行った。

 いつの間にか周りの建物は、一ブロック前とは大きく様相が変わっていた。豪華なビル群はなくなり、代わりにトタン屋根の小屋が目立つようになってきた。雅治と倖は、そこで立ち止まった。日本では見ることのない光景がそこにはあった。

 公園らしき空き地はゴミの山をなし、その山の上で黒人の子どもやインド系のこども、さらに白人の子どもたちが遊んでいる。その子たちは一様に痩せていて、服装は埃だらけになっていた。雅治はパックスが夢の中で言っていた事を思い出した。

「アパルトヘイトが終焉をむかえ、僕たちの生活も楽になると思っていたのに」と。

 しかし実際の生活は楽になるどころか、悪化していったのだろう。確かにこのゴミの山で遊ぶ子どもたちを見ると、様々な人種の人たちが融合しているのだろう。
 
145
最初 前へ 142143144145146147148 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ