連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第12章 《第12章》
 ライオンの夢にどんな意味があるのか全く分からないまま、倖と雅治が南アフリカに渡る日が来た。

「雅治君、南アフリカってどんなところかしら。お母さんはすぐに見つかるかしら……」
 倖は不安だった。

 ユンカ達の母親がすぐに見つかるのだろうか。それにもまして、自分と雅治の事を理解して、許してくれるのだろうか。それより前に、自分たちのこと自体を受け入れてくれることが可能なのだろうか。
 そして、なによりユンカ達の母親の心を少しでも穏やかにして、この先の人生を前向きに生きてもらえるような関わりが、はたして自分に出来るのだろうか。

 倖はそんな事ばかりを考えて不安になっていた。
 雅治も同じだった。どこから話せばよいのか、どんなふうに話せばよいのか。
 雅治には本当のところ全く分からなかった。パックスの夢を見て、自分の直感を信じてここまで来たが、果たして本当にこれでよかったのか。

 しかし、これだけは言える。あのときパックスが自分に夢で言った言葉は真実に違いない。パックスとユンカの母親に会いに行くことが、自分と義姉に出来る、たった一つの償いだという事。
 それは、とても怖くて辛いことだが、それを乗り越えなければパックスたちの母親も、自分たちも本当の意味で前を向いて生きて行くことが出来ない。

 飛行機のエンジン音は、そんな二人の不安な気持ちをさらに不安にさせた。どうか無事に南アフリカに到着しますように。

 二人は祈るように静かに目を閉じ、ユンカとパックスの居る左胸に手を置いた。
143
最初 前へ 140141142143144145146 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ